日記

SNS断捨離

どうも、ぴえちゃんです。

昨日、ふと、Twitterについて考えた。

 

私は2011年からTwitterを利用している。大学生の頃だ。

あの頃はがむしゃらに生きていたが、最高の日々だった。甘い思い出も苦い思い出も、全てが眩しい。

 

それから10年。

私はどれだけの人と出会ったか?

そして、そのうち、何人を大切にできているか?

 

働く環境や住む場所が違えば、疎遠になることは仕方がない。でも、だからこそ、今の時代にSNSは必要なのだ。

会えなくても、SNSである程度のことはわかる。

そんなSNS、使い方によっては本当に苦しいものにもなりかねない。

 

昔はTwitterを自由に使い、気付けば会う人会う人フォローしなければいけない環境に。

その後、Instagramからも自由が奪われた。

職場の人までフォローしなければ行けない環境は今思えば本当に不思議だ。(転職前の職場の話)

 

自由がほしい。

 

仲の良い、気の許せる仲間だけの場が欲しい。

もちろん、自分を応援してくれる人にも見てほしい。

 

そこで、私はTwitterのフォロー断捨離をした。

残酷だと思う?

 

私は今の世の中には必要な事のように感じる。

 

今の世の中は、情報が多すぎる。自分にとって、本当に必要な情報はなに?

好きなもの、好きな人だけに囲まれて、好きなことして生きていくなら、不要な情報は遮断すべきだと私は思う。

 

そう思い、私はTwitterを断捨離した。
残酷でもなんでもない。これが私のやり方だ!

 

Twitterが気の許せる、大好きな人だけになった。今でも関わりがある、今でも見てくれる、そんな世界に生まれ変わった。

 

幸せだ!

 

今日から、見て欲しい人にだけ発信できるようになった。

 

私は自由だ!!!!!

 

なんか心がスッキリしない人は、ぜひ、SNSの断捨離もやってみてくださいね!

 

 

おまけ

※断捨離とは、やましたひでこさんが提唱する片付け法です。

やましたひでこさんのブログはコチラ⇨やましたひでこオフィシャルブログ

 

 

ABOUT ME
ぴえちゃん
インテリアコーディネーター、学長秘書を経て、現在副業でイラストレーターをやっています。趣味でブログ・YouTube・Instagramもやってますので、是非チェックしてみてください。ジブンの人生をどうデザインするかは、自分次第ですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。